ドイツ ケルン・ボン日本語キリスト教会での佐々木良子宣教師支える会のHPです

 NEW!! 佐々木良子先生から近況ご報告  2018年8月30日

日本は大変な猛暑と度重なる台風や災害等により、多くの犠牲者が出ておられることをニュースで見聞きする度にとても心を痛めております。主からの豊かな慰めと大いなる助けがありますように教会の方々と共に切にお祈りしております。
今夏は欧州各地も稀にみる猛暑で、ドイツ・ケルンの地も7月末から8月中旬まで3週間に亘り35度以上になり悲鳴をあげていました。私も含めてクーラーが殆どない一般家庭は昼間はシャッターと窓を閉めて外気を遮断することで何とか凌いでいました。現在は先週より急に気温も下がり、真夏時は夜の10時過ぎまで明るかったですが現在は闇が毎日迫ってくる感じです。朝晩はひんやりとした空気が流れ、太陽が照る時間も少なくなり秋を感じる時がやってきました。あのギラギラした太陽が懐かしく思われるこの頃で、元気な太陽としばしお別れの季節に入ってきたようです。今の内に残りの太陽の光を来年の春の分までしっかりと浴びておきます!
<教会活動>
夏の間は長期休暇でおでかけの方々が多く礼拝以外は休止状態でしたが、私の居住地域は本日から学校が始まったので又、通常に戻ります。皆さまとの再会が楽しみです。
<私の夏の過ごし方>
今年は何といっても引っ越しがメインでした。私にとって台所があって、二部屋はとても贅沢のように感じこの部屋に慣れるまでには時間がかかりましたが、やっとこの頃「我が家」という実感が湧いてきました。
引っ越してから初めての集会には10人以上の方がいらしてくださったので、「あ~、引っ越してよかった」と思えることができて感謝しました。又、先週末は若いファミリ、2家族と共に夕食会をすることができました。お一人のご夫君がまだ信仰をもっておられないのですが、この機会をきっかけに9月から毎週礼拝後、1時間ほど聖書を学ぶ時が与えられるようになり嬉しく思っています。この為にもお祈り頂けると幸いです。このように今年の夏は多くの種まきをさせて頂くことができたのではないか・・・と思いつつ収穫へと主が結び付けてくださることに期待しながら祈る日々です。主に助けを求めつつ、私が為すべきことは何なのか主に手を引っ張って頂きたいと願っている最近です。

<8月25日・頂いた家具に囲まれて新居での食事会>

 佐々木良子先生から引っ越しのご報告  2018年7月1日

 7月1日より牧師館の住居が変わります。
ただ、住所、電話などは今まで通りで、一切変更はありません。
現在のアパートのフロアーには4世帯入居しています。その内の1軒で少し広い隣の部屋に移ることになりました。最近のドイツは住宅難に陥り、 2年前の赴任時に教会の方々が住居を探してくださいましたが見つからず、役員の方が所有しておられる現在のワンルームに取り敢えず住むことになりました。 台所専用スペースが無いことを除いては、静かで治安がよく環境が気に入っていたのと、何よりも家主さんが教会の方なので安住するつもりでした。 一人暮らしとしてのワンルームは問題ありませんでしたが、住居兼集会室として使用しているので、集会の回数と出席人数が多くなるにつれ、手狭さを感じていました。 任期延長に伴い教会役員の方々、支える会の委員の方々と相談しながら2部屋で台所のある住居 を探していました。私の条件に合う物件はどれも競争率が高く、諦めかけていた所に奇跡的に隣室が与えられて感謝しています。私個人としての住まいに留まることなく、 いよいよ伝道の場として、地域の方が気楽に足を延ばせる場として、そして神の宮として用いられることに期待しています。そのためにもお祈り頂けると幸いです。

ケルン・ボン日本語キリスト教会 牧師 佐々木良子

更新情報

 NEW!ニュースレター「ライン河畔より」No.05 アップされました。 
   先生の近況がアップされました。
   
ドイツからのお便り No.4
ドイツからのお便り No.3
ドイツからのお便り No.2
ドイツからのお便りNo.1
ニュースレター「ライン河畔より」No.04
ニュースレター「ライン河畔より」No.03  
ニュースレター「ライン河畔より」No.02

ニュースレター「ライン河畔より」 No.01

 任期延長のお知らせ

 遣わされて早いもので2年目の後半にさしかかり、在任期間も残すところ1年余りとなりました。教会も私自身もこれからの主の導きを求めていく時期となり、祈りつつ役員会との話し合いを進めて参りました。
 私自身が主から与えられた応えは、現在少しずつ芽生え始めている若いファミリ―がイエスさまと繋がることができるようにフォローしていくと共に、教会員の方々の信仰が主のお言葉によって励まされ、成長していけるようにお仕えすることが現在の私の使命であると確信に至り、教会側が提示してくださった任期延長ということを心からお受けしました。
 これまでの歩みは、主が大いなる御業をもって働いてくださったのと同時に、日本での霊的・物質的なお支えがあってのことですので、日本でサポートして頂いている支える会の会長を初めてとして委員の方々との祈りも併せて、12月3日の臨時総会に臨みました。議場において更に1期3年延長、2022年3月までということが正式に決議されました。
 私たちの教会はご存知の通り小さな群れです。これまで教会を40年間支えてくださったご夫妻がクリスマスに日本に完全帰国され、又、来年には引っ越しを予定しておられる教会員の方がおります。人間的にはこのように次々と教会員が激減していき不安な思いも襲ってきますが、それ以上にこのような危機的状況の中でこそ働いてくださる憐み深い主が、今後どのように私たちを養ってくださるのか大いに期待しています。これからも引き続きお祈り頂けると大変心強く嬉しいです。どうぞ今後ともよろしくお願いたします。
         「今は神を知っている、いや、むしろ神から知られている・・・。」
                       ガラテヤの信徒への手紙4章9節

佐々木良子宣教師を支える会

日本基督教団 小松川教会にて13年間、牧師として歩まれた佐々木良子先生がドイツのケルン・ボン日本語キリスト教会へと2016年4月より派遣されることになりました。 
教会員から慕われ、信頼されていた先生が、その安定した地位にとどまることよりも、主からの招きに応じて、海外宣教に出かけることを決心されたのです。とはいえ、充分な経済基盤が整っていない状態であることを知りながら出て行かれる佐々木先生を、ただ見送るだけでなく「支える会」を結成する運びとなりました。

海外宣教は、誰にも出来ることではありませんが、誰かがやらなければならないことです。
私たちは、与えられたものを用いながら、それぞれの持ち場で役割や使命を果たし、出来ることをしながら、私たちに代わって歩まれる人たちに感謝の気持ちをもって支えていくことで、その宣教に参加できることを感謝しています。
こうした私たちの気持ちに賛同し、志をもって、この会に参加して下さる方を募っております。

■支える会の目的
1.霊的・経済的に支援
2.佐々木良子宣教師との連絡事務
3.ドイツと日本の宣教の橋渡し
4.宣教ニュースの発行
5.デピュテーションで一時帰国の際のサポート

支援金送金先

郵便振替:00120-3-450845
銀行口座:三菱東京UFJ銀行 小松川支店
     店番463(普通)口座0113856
*上記口座名義: 佐々木良子宣教師を支える会 会長 物井惠一
*定期的ご支援いただく場合は、毎月一口1000円からお願いしております。
 随時の自由献金も受け付けております。

お祈りください~二つの働きが一つとなって~

宣教は、現地に派遣されて宣教師になるか、支える側になるかどちらかです。海外に遣わされることだけが宣教ではなく、送り出してくださった皆様にも大きな役割を担って頂いています。
祈りは大きなな力と支えです


1. ケルン在住の人々の魂の救いのために
2. 日本の教会の素晴らしさを、証ししていけますように
3. 家庭集会に集っておられる未信者の方々が教会の礼拝に繋がり、イエスさまを受け入れることができますように
4. シリア難民を受け入れている中で、イスラム教が拡散していく懸念があります。教会離れしている人々が今一度イエス・キリストに立ち返り、ドイツの教会が強くなりますように
5. テロ集団の悔い改めのために・テロから守られますように
6. 佐々木良子宣教師のドイツ語の学びと、新しい環境に馴れて霊肉共に支えられますように

↑ PAGE TOP