ドイツ ケルン・ボン日本語キリスト教会での佐々木良子宣教師支える会のHPです

 NEW!! 佐々木良子先生からクリスマスのご挨拶  2018年12月

イエスさまのご降誕のお恵みに心から感謝いたします。
私たちの教会の12月は、今年1年間分の総決算ともいえる大きな祝福を頂き、教会の方々と共に主を褒め称えました。この幸いが、どのように来年に繋がっていくのか楽しみながら主に期待しています。
皆さまにおいても、主から頂いた祝福が益々大きなものとなっていくことができますように、お祈りもうしあげます。

 NEW!! 12月クリスマスのご報告  

●12月9日
礼拝において、教会学校に出席している4歳の男の子が洗礼を受けました。私たちが会堂をお借りしているドイツのボンヘッファー教会の幼稚園児でもあります。お母さまは、「ママの子育ての学び会」に出席されている日本人で、お父さまはドイツ人のクリスチャンです。
ドイツでは大抵生まれてすぐに受洗しますが、事情によりこの時となりました。

子どもの洗礼式の時には、信仰の親(証人・勿論クリスチャン)となる方が必要で、洗礼証明書と共に、信仰の親としての証明書に記入して頂きました。ドイツの家庭には家族帳のようなものがあって、結婚式、出産、洗礼式などを記入します。ご両親、教会の方々が見守る中、洗礼を受けられました。主の大いなる祝福が会堂に溢れました。
 

<洗礼証明書>
会堂をお借りしているドイツ・ボンヘッファー教会のゲッパート先生から頂きドイツ式に記入しました。
12月10日  クリスマス会 牧師館にて
ママの子育ての学び会においでになっている方々と共に、一品持ち寄りで美味しいお食事を囲みながら、いっぱいおしゃべりをしながら楽しい時を過ごしました。皆様からクリスマスプレゼントも頂き、その心がとっても嬉しかったです。今年は我が家が広くなったので沢山の方をお招きすることができるようになりました。
ママたちがお友達に声をかけてくださるので新しい方が少しずつ増えています。
ママたちの伝道パワーは頼もしいです。
 

●12月16日 子どもと大人のクリスマスページェント礼拝 
教会にとって初めてチェレンジとなりました。企画した時は「さて、どこからどのように・・・」と、戸惑った時もありましたが、子どもの礼拝においでになっている方々が積極的に取り組んでくださり、ご家族総動員で夏から準備することができました。
幸いにも作曲家、オーケストラのヴィオラ奏者、元幼稚園の先生など様々な賜物を持っていらっしゃる方々が、それぞれの分野で活躍してくださいました。お父さんもお手伝いくださり小道具も全て手作りで、しかも来年のことも考えて保管しやすく作ってくださいました。やる気満々なのにはこちらがビックリしました。子どもたちは長いせりふも完璧に覚え、感動して涙を流した教会の方もおられました。
皆さま一同が心一つになって、このようにイエスさまのご降誕をお祝いできたことは、「教会のこれからの大きな力となる!」 と、教会員一同確信をもったクリスマスとなりました。

 
★ママと一緒に天使、可愛いい天使さん頑張りました!
 
★教会の大御所方の羊飼いは絶妙! 素晴らしい演技でした。ドイツ人の方も一生懸命日本語でせりふを覚えました。

★特別賛美 ご夫妻によるヴイオラとピアノ
 
★お友達も毎日たくさん練習して臨んでくださり、心温まる演奏となりました。

更新情報

12月の先生のご報告がアップされています。
ニュースレター「ライン河畔より」No.05     
ドイツからのお便り No.4
ドイツからのお便り No.3
ドイツからのお便り No.2
ドイツからのお便りNo.1
ニュースレター「ライン河畔より」No.04
ニュースレター「ライン河畔より」No.03  
ニュースレター「ライン河畔より」No.02

ニュースレター「ライン河畔より」 No.01

 任期延長のお知らせ

 遣わされて早いもので2年目の後半にさしかかり、在任期間も残すところ1年余りとなりました。教会も私自身もこれからの主の導きを求めていく時期となり、祈りつつ役員会との話し合いを進めて参りました。
 私自身が主から与えられた応えは、現在少しずつ芽生え始めている若いファミリ―がイエスさまと繋がることができるようにフォローしていくと共に、教会員の方々の信仰が主のお言葉によって励まされ、成長していけるようにお仕えすることが現在の私の使命であると確信に至り、教会側が提示してくださった任期延長ということを心からお受けしました。
 これまでの歩みは、主が大いなる御業をもって働いてくださったのと同時に、日本での霊的・物質的なお支えがあってのことですので、日本でサポートして頂いている支える会の会長を初めてとして委員の方々との祈りも併せて、12月3日の臨時総会に臨みました。議場において更に1期3年延長、2022年3月までということが正式に決議されました。
 私たちの教会はご存知の通り小さな群れです。これまで教会を40年間支えてくださったご夫妻がクリスマスに日本に完全帰国され、又、来年には引っ越しを予定しておられる教会員の方がおります。人間的にはこのように次々と教会員が激減していき不安な思いも襲ってきますが、それ以上にこのような危機的状況の中でこそ働いてくださる憐み深い主が、今後どのように私たちを養ってくださるのか大いに期待しています。これからも引き続きお祈り頂けると大変心強く嬉しいです。どうぞ今後ともよろしくお願いたします。
         「今は神を知っている、いや、むしろ神から知られている・・・。」
                       ガラテヤの信徒への手紙4章9節

佐々木良子宣教師を支える会

日本基督教団 小松川教会にて13年間、牧師として歩まれた佐々木良子先生がドイツのケルン・ボン日本語キリスト教会へと2016年4月より派遣されることになりました。 
教会員から慕われ、信頼されていた先生が、その安定した地位にとどまることよりも、主からの招きに応じて、海外宣教に出かけることを決心されたのです。とはいえ、充分な経済基盤が整っていない状態であることを知りながら出て行かれる佐々木先生を、ただ見送るだけでなく「支える会」を結成する運びとなりました。

海外宣教は、誰にも出来ることではありませんが、誰かがやらなければならないことです。
私たちは、与えられたものを用いながら、それぞれの持ち場で役割や使命を果たし、出来ることをしながら、私たちに代わって歩まれる人たちに感謝の気持ちをもって支えていくことで、その宣教に参加できることを感謝しています。
こうした私たちの気持ちに賛同し、志をもって、この会に参加して下さる方を募っております。

■支える会の目的
1.霊的・経済的に支援
2.佐々木良子宣教師との連絡事務
3.ドイツと日本の宣教の橋渡し
4.宣教ニュースの発行
5.デピュテーションで一時帰国の際のサポート

支援金送金先

郵便振替:00120-3-450845
銀行口座:三菱東京UFJ銀行 小松川支店
     店番463(普通)口座0113856
*上記口座名義: 佐々木良子宣教師を支える会 会長 物井惠一
*定期的ご支援いただく場合は、毎月一口1000円からお願いしております。
 随時の自由献金も受け付けております。

お祈りください~二つの働きが一つとなって~

宣教は、現地に派遣されて宣教師になるか、支える側になるかどちらかです。海外に遣わされることだけが宣教ではなく、送り出してくださった皆様にも大きな役割を担って頂いています。
祈りは大きなな力と支えです


1. ケルン在住の人々の魂の救いのために
2. 日本の教会の素晴らしさを、証ししていけますように
3. 家庭集会に集っておられる未信者の方々が教会の礼拝に繋がり、イエスさまを受け入れることができますように
4. シリア難民を受け入れている中で、イスラム教が拡散していく懸念があります。教会離れしている人々が今一度イエス・キリストに立ち返り、ドイツの教会が強くなりますように
5. テロ集団の悔い改めのために・テロから守られますように
6. 佐々木良子宣教師のドイツ語の学びと、新しい環境に馴れて霊肉共に支えられますように

↑ PAGE TOP